• HOME
  • event
  • fashion
  • beauty
  • gourmet
  • life
  • info
  • press
  • about
  • contact

古民家路地裏系カレー◆ボタ

2016.09.21

先日のアラサー女子トーク。
「年々、本当に美味しいものだけを食べたいよね。」で満場一致。

どういうことかというと、
・見た目の可愛さ→不要
・写真に映えるインパクト→不要

エディブルフラワー(食用花)ぎっしりの綺麗系ゼリーより、完熟果物ゴロゴロ入りがいい。
定額食べ放題より、1切れの美味しいお肉が食べたい。

そしてトークテーマは
ありがちグルメレポート(ブログ、雑誌、TVを含む)もしくはメニュー名の批判に。


・女性に人気!→ 見た目だけ可愛いっぽい。または、たいした特徴がないさま。
・ヘルシー→   つまり、物足りないの意。

我々女子も、学生時代は質より量を。
社会人初期は、豆腐ドーナツなど若干カロリー気にしてる風のものに走り、ヘルシーサラダランチで糖質カット!と言い張り、
それを過ぎると、美味しければカロリーは正々堂々と摂取したくなるということが判明しました。

 

そして話は飛躍し、
「シャンディガフを頼む男子はいらん。」という話題に。
「シャンディガフ頼むくらいなら潔くジンジャエール、もしくはウーロン茶を頼んでほしい。誰も気にしない。」
お酒が飲めない男子の免罪符もバッサリ切り落とされました。

 

「2杯目にカルーアミルクもアウト。」
「手料理出して、カルーアミルクと食べられたらキレるかも。」
「でもディカプリオなら許す!可愛い!」と。

 

こんなところでしょーもない話題に入れられて、ディカプリオもいい迷惑でしょうね。

 

 

さて、今日ご紹介するのは、そんな「アラサー女子」にも納得していただけそうな絶妙なバランスのカレー店、ボタ。
心斎橋らしからぬ、路地裏。中崎町にありそうな古民家風の店内です。



IMG_3879
IMG_3878
IMG_3872
入ると、スパイスの香り。
内装はおしゃれカフェというより、懐かしのおばあちゃんち。
こあがりの座敷や、レトロな雑貨がなんともいえないシュールさで、初訪問でも落ち着けます。

IMG_3871
IMG_3874
IMG_3875
IMG_3876
IMG_3877

ツナとじゃがいも、チーズのほうれん草カリーにチャイ(アイス)をつけました。
ピクルスや、バナナチップスなどの数種のおつまみとともにいただくほうれん草カリーは、チーズのおかげで辛さは控えめ。
ツナとジャガイモがごろごろのカレーは初めてでしたが合いますね!美味しかったです。



IMG_3869


IMG_3864


チャイは濃いめだったのでシロップで甘くしていただきました♪最高~!



IMG_3867

本日は定休日です★





ボタ Buttah
大阪市中央区東心斎橋1丁目8−20