• HOME
  • event
  • fashion
  • beauty
  • gourmet
  • life
  • info
  • press
  • about
  • contact

BAR風カウンターでいただく抹茶パフェ◆宇治香園

2016.09.06

昭和21年に心斎橋に店を構えられた宇治香園 大阪心斎橋店。

IMG_3218
奥にある喫茶コーナー「ととやとや」は心斎橋筋商店街を毎日ぶらぶらしている私としても「穴場」と言える癒しの場です。
「ととやとや」ってなんだか不思議な名前だと思いませんか?
「茶」の文字を「十 十 八 十 八」に分解して読んでいるそうです。「茶」ひとすじの気持ちが伝わる命名ですね!

さて、今日は秋といえば恋しくなる抹茶スイーツを求めてやってきました。
メニューには「あまいもん」。
いいですね~「せんたくもん」(洗濯物)、「あらいもん」(洗い物)、「揚げのたいたん」(揚げの炊いた物)…大阪的。

IMG_3165
今回は「抹茶パフェ」を頼みました。

9月と言えど、人気はまだまだかき氷だそうで。
いちご、レモン、ブルーハワイに並ぶ夜店の抹茶味とはレベルが違いすぎる、お茶屋の本格抹茶シロップにはファン多し。

IMG_3172
まだまだ蒸し暑いうちは、わらびもちと水出し煎茶のセットもオススメ!とのこと。

IMG_3173
すべての「あまいもん」には宇治香園の看板茶「ととやとや」が付いてきます。

IMG_3176
もぅこのカウンターに座ったら最後!
おしりに根が生えるとはこのことです。
まるでBARのような落ち着いた雰囲気で、1杯1杯丁寧に淹れてくださるお茶・・・ほっと一息贅沢な時間です。

来ました!抹茶パフェ。
底には豆乳の寒天、真ん中は抹茶の寒天、ともにゼリーのような軽さであっさりとしています。
家には、カステラ、アイスクリーム、黒豆に栗、ウエハースと、見えませんが奥にはアイスが中に入ったお餅が隠れています。
トッピングの甘さと、底の寒天の優しさがぴったりです!

IMG_3184
IMG_3186
続いて、看板茶「ととやとや」。
最後の一滴まで急須を振り切って旨味を湯呑に落とし込む姿はまるで職人。

IMG_3206
そうすることで、お茶に美味しさが増すことと、茶葉の水分をしっかり切っておくことで、2煎目もすっきりとしたお茶が楽しめるそうです。
中途半端な水分は渋みが出てしまってよくないそう。

IMG_3213
IMG_3201
お湯のポットも手元に置いてくれますので、2煎目、3煎目とゆっくり過ごすことができます。

IMG_3203
IMG_3204
そして、初めて知ったのですが、
毎月10日と18日は「ととやとやの日」ということでその日限定メニューや楽しい催しが開催されているとか。
先日は、かき氷の氷をグラスにいっぱい入れて、玉露を注いで楽しむという内容だったそうです。
本来玉露は温かい状態で頂くものらしいので、とっても貴重な体験ですね。

IMG_3169
通年の抹茶ソフトは、冬でも売れる人気商品。
会員になると、ポイントがたまるカードとティーバックを頂きました!
ポケストップにもなっている「ととやん」(お茶のツボのゆるキャラ?置物?)が目印です。

IMG_3218

宇治香園 大阪心斎橋店

大阪市中央区心斎橋筋1丁目5-19番地
TEL:06-6271-0681

営業時間(店舗) 10:30~19:30(元旦をのぞき休まず営業いたします)
営業時間(喫茶) 11:00~19:00(ラストオーダー 18:30)

大阪市営地下鉄 御堂筋線「心斎橋」下車、5・6番出口を出て、心斎橋筋をなんば方面に徒歩3分
http://www.ujikoen.co.jp/index.html