• HOME
  • event
  • fashion
  • beauty
  • gourmet
  • life
  • info
  • press
  • about
  • contact

愛すべき「お好み焼き ことみ」

2014.01.28

ずっと会いたい人がいました。
それは「お好み焼き ことみ」のおばあちゃん。

谷町にある空堀商店街周辺に住む人に知らない人はいないそうで、
かなりの年齢のわりに高めの可愛らしい声が特徴的らしく、
「ことみのおばあちゃんのモノマネ」は
一度会うと誰でもできる(というかしたくなる!?)のだそう。
モノマネばかり、もぅ何度見たことか。

そんな「ことみ」の噂は幾度となく耳にしており、
おばあちゃんとおじいちゃんのお二人で切り盛りされているため、
「ビールは基本、お客さんが自分で取ってくるスタイル。」は、まだしも、
「狭いお店なので満席の時はお客さんが他のお客さんのビールを取ることもある。」
「おでんも自分で取る。何個食べたかは自己申告。」
・・・エンタメ感たっぷりの様子に期待は高まるばかり。

そしてやっと昨日、
満を持して、空堀の友人に連れてってもらったのです。
「電話で予約しとこかな。」と言ったら
「電話しても、おばあちゃん忘れるから無理やで。」と一言。

家が近い友人は早めに覗きに行ってくれたらしく、
「客はおろか、おじいちゃんもおばあちゃんもおらん。
たぶん奥でテレビ見てるわ。」
なんというゆるさ加減!

IMG_3772s

IMG_3774s

瓶ビール 500円
おでん  100円(たぶん)

IMG_3778

あっさりお出汁がよくしみていて、冷えた身体が温まります。
注文は自分で紙に書きます。

IMG_3780

マカロニサラダ 200円
飾りっ気のない、シンプルなマカロニ。おいしい。。

IMG_3788s

焼き物は焼いたものを席の鉄板まで運んでくれます。
とんぺい焼。

IMG_3790s

こちらが、念願のおばあちゃん!
腰が曲がりながらも、「ハイハイ~♪」と可愛らしい声で
お客さんの心を掴んで離さない現役の看板娘です。
注文を聞いて運ぶのがおばあちゃん、作るのはおじいちゃん。

IMG_3792
驚くべきは、動きの機敏さ。
こう見えて、ものすごく俊敏なんです。
うっかりしているとシャッターチャンスを逃します。
プルプル震えながらも、ジョッキ4つをいっぺんに運ぶ腕力もさすが。

IMG_3793 お好み焼きはジャガイモ入りが名物。
ことみ大ファンである、ケンドーコバヤシさんの発案だとか?
このジャガイモ、実はおでんのジャガイモなんです。
じっくりコトコト炊かれたお芋の甘さとほくほく具合が、お好み焼きの生地とソースによく合います。

IMG_3795 このあと、「ネギやき」や「焼きそば(たまご入り)」を食べました。
どれも素朴ながら、いくらでも食べられそうな、くせになる味。

ビールの後は、かちわりワインというジョッキ入りのワインを。(氷が満タン)
次は何頼もう~とメニューを見ていると、もぅラストオーダー終わったと!
え!急に、ですよ。
この日は珍しくお客さんも少なかったので、早く閉めるようでした。
こういう日があるから、いつまでも元気で、変わらず営業し続けていけるんやなぁ~

IMG_3798s 暗算ですが、計算は間違いません。

IMG_3796 それにしても、安い。
4人で瓶ビール4本、ワイン4杯、いろいろ満腹食べて6050円。
なんといっても、豚玉500円ですからね~!
ジャガイモ入りは+100円。
次回はじっくりメニューの端から攻めていきたいです。

IMG_3787

なんと、今年で開業58年目。
綾瀬はるかさん主演の「プリンセストヨトミ」のロケ地でもあり、
市原隼人さん主演の「ボックス!」では実家の設定でがっつり映っているとか。

ビールやおでんをセルフで取るのも、
この愛くるしいご夫婦にこれからも末永くお店を続けてもらいたい、
なるべく負担をかけたくない、という常連さんの心遣いのようです。
「おでんは1年中やってる」というのも嬉しいです。

ことみ

大阪市中央区谷町6-14-15
TEL.06-6761-3952
17:00~24:00 (そのときによる)
定休日:水曜日